補聴器の仕組み

補聴器のしくみと構造

見た目は小さな補聴器ですが、その中には最先端の技術と開発者の熱意が詰め込まれています。ここでは補聴器のしくみや構造について詳しく見てみましょう。

補聴器のしくみ

補聴器の基本的な役割は、聴力が低下した人や難聴の人の「聞こえ」を補うことです。つまり補聴器は、「入って来た音を大きくして伝える」機能を持った器械ということがいえます。さらに補聴器は、単に入って来た音を大きくするということだけでなく「入って来た音を加工して聞きやすくする」という機能も持っています。音を加工することによって、うるさいと感じる音を抑えたり、不快に感じる音をできるだけ不快に感じないようにしたりすることができるのです。

補聴器のしくみをひとことで表現すると、
「マイクロホン」で音を集めて「アンプ」で音を増幅し「スピーカー(レシーバー)」で音を発生させる。
ということになります。あの小さな本体の中には、このしくみと電池、さらには開発者の情熱が詰め込まれているのです。

マイクロホン

マイクロホンは、補聴器が集める音の入口になります。補聴器は非常に小さなものなので、それに搭載されるマイクロホンも可能な限り小さなサイズのものが用いられます。また、高感度、高性能なマイクロホンが必要となります。
マイクロホンは集めた音を電気信号に変換し、アンプへ受け渡す働きをしています。マイクロホンは機能によって以下のように分類されます。

無指向性マイクロホン
360度すべて同じ感度で入力信号を変換するタイプのマイクロホンで、このタイプのマイクロホンを搭載したものを無指向性補聴器といいます。
指向性マイクロホン
後方からの入力信号に対する感度を下げることによって、相対的に前方からの音を強調するタイプのマイクロホンで、このようなマイクロホンを搭載したものを指向性補聴器といいます。
最近のデジタル補聴器の中には、騒音下の聞こえを改善するために、マイクロホンに入ってくる音の方向や聴取環境を常に分析し、無指向性から指向性までを全自動で変化させる機能を持った補聴器もあります。

アンプ

補聴器の心臓部ともいえるアンプの大きな役割は、マイクロホンから受け渡された音の増幅です。しかし、単純に入って来た音を増幅するだけでは、本来聞きたい声や音だけではなく、まわりの騒音や雑音まで大きくなってしまうという問題があります。そのため、最近の補聴器においては、単純に音を増幅するだけでなく、入ってきた音の強さ、高低、方向性といった要素を考慮しながら増幅が行われます。またその際に、必要に応じて不要な雑音をカットし語音を強調させるようにすることで、より快適な聞こえを提供できるようになっています。
補聴器の主流がアナログからデジタルになることで、補聴器の性能は飛躍的に進化しました。また技術は絶えず進歩し続け、より高機能、高性能な補聴器が開発されるようになっています。最新の補聴器のアンプに搭載されたマイクロチップは、1秒間に5億回の演算処理をする能力があります。アンプの開発には、数百億円の費用がかかるとされ、チップを自社で開発できる企業は世界でも数社に限られています。
アンプで増幅、調整された音の電気信号は、スピーカー(レシーバー)で再び音に変換されます。

スピーカー(レシーバー)

アンプで増幅、調整された電気信号を再び音に戻し、鼓膜に届けるのがスピーカー(レシーバー)の役割です。マイクロホン同様、スピーカーも補聴器のサイズに合わせて可能な限り小さく高性能、高機能なものが搭載されています。

電池

補聴用の電池は、主にボタン型の空気亜鉛電池(空気電池)が使用されます。耳あな型、耳かけ型など補聴器のタイプによって、使用する空気電池の種類や寿命も変わってきます。

補聴器の種類と特徴

補聴器は形や機能によって様々なタイプがあります。
それぞれのタイプの特徴を知り、自分にピッタリの補聴器を見つけましょう。

いろいろなタイプがある補聴器

補聴器を使う主な目的は「家族や友人との会話」「仕事でのコミュニケーション」「テレビや映画などを楽しむ」など生活のさまざまな場面における言葉の聞き取りを改善するためといってよいでしょう。
一口に補聴器と言ってもいろいろな種類があります。見た目の形も違えば価格、搭載されている機能など様々な違いがあります。また信号処理の方法によって、アナログ補聴器とデジタル補聴器に大きく分けることもできます。
補聴器には様々な種類、タイプがありますが、それぞれの特長をよく理解して自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて最適な補聴器を選ぶようにしましょう。

アナログ補聴器の時代

アナログ補聴器は、補聴器に入ってきた音声信号(アナログ)をそのまま増幅してスピーカーから出力します。一般に、聞こえに不自由を感じる難聴者は言葉だけでなく周りの音も聞こえにくい状態にあるので、言葉を含め、これまで聞こえていなかった音が聞こえるようになることは、難聴者にとって良いことだと言えるでしょう。しかしアナログ補聴器は、本来聞き取る必要がある言葉といっしょに、周囲のさまざまな音も同じように増幅してしまいます。補聴器を使用して一番聞きたい「会話」といっしょに増幅された、周囲の「雑音」によって「会話」の聞き取りが妨げられてしまうのです。加齢による難聴の場合は、語音弁別能(言葉を聞き取る能力)が低下していることが多いので、周囲に雑音がある場合には、補聴器を使用しても言葉が聞き取りにくい状態になりがちです。
基本的にアナログ補聴器では、このような「雑音」をコントロールすることが極めて難しいため、アナログ補聴器には、"うるさい"とか"雑音が多い"といった感想も多かったのです。
※補聴器の効果の感じ方については、個人差があります

デジタル補聴器の登場

1990年代に入ってデジタル補聴器が登場したことで、補聴器は飛躍的な進歩を遂げました。 デジタル補聴器には、小さなコンピュータ(マイクロプロセッサ)が内臓されており、音は、「アナログ/デジタル変換器」によって0101・・・というデジタル信号に変換されます。そしてマイクロプロセッサで分析され、数学的に複雑な信号処理が施されます。アナログ補聴器よりも、はるかにきめ細かな分析・処理が行えるので、一人ひとりの「きこえ」に、より適した音に調整できるようになったのです。
調整された音は、自然で元の音に近いのが特長です。分析・処理されたデジタル信号は、「デジタル/アナログ変換器」によって再びアナログの音に戻されます。デジタル補聴器が行う信号処理は、ご購入時にあらかじめ記憶させた、一人ひとりの「きこえ」や各種の設定にもとづいています。この設定は後から何度でも変更することができます。
アナログ補聴器では不可能だった、使う人に合わせたきめ細かな調整が、デジタル補聴器では可能になりました。
日本補聴器工業会の統計資料によると、2003年の補聴器出荷台数のうちのアナログとデジタルの比率は、ほぼ同じでしたが、2009年には、デジタル補聴器の比率が86%を占めています。このように、ここ数年で補聴器のデジタル化が一気に進み、現在の補聴器の主流はデジタル補聴器になってきているのです。

補聴器のタイプの違いと特徴

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは、音声信号の処理の方法の違いでしたが、一般的に補聴器のタイプという場合は、形状の違いを指す場合が多いようです。ここでは、形状による補聴器の特長について見てみましょう。

耳あな型(CICタイプ)

耳の穴にすっぽり納まるタイプの耳あな型補聴器です。CICとはCompletely In the Canal(外耳道に完全に入る)の略です。補聴器の中ではサイズが一番小さく、外から見て補聴器をつけていることが気付かれにくいという特長があります。使用する人の耳穴の形状に合わせてシェル(外形部)をオーダーメイドで作成します。
軽度~中度難聴に対応しています。

  • 1【マイクロホンの入音口】周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
  • 3【電源オン/オフ(入/切)機能】
  • 4【バッテリーホルダー】電池はこの中に挿入します。
  • 5【音口】補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
  • 6【グリップ】ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
  • 7【ベント】通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
  • 9【テグス】補聴器を取り出す時に使用します。(カナルタイプはオプション)
主な特長
  • サイズが小さいので外から見えにくい
  • 耳の穴の中に入るので、帽子やヘルメットを使用する際に邪魔にならない
  • 耳の穴の中に入るので、風きり音が少ない
  • 耳の穴の中に入っているので、電話を使用する際に気になりにくい
  • 音質が自然

耳あな型(カナルタイプ)

耳の穴に納まるタイプの耳あな型補聴器です。CICタイプほど小さくはありませんが、つけていることがあまり目立ちません。ボリュームコントロールを付けることも可能で、パワータイプも選ぶことができるなど、CICに比べて適応できる聴力範囲が広いのも特長です。使用する人の耳穴の形状に合わせてシェル(外形部)をオーダーメイドで作成します。
軽度~中度難聴(パワータイプは高度難聴)に対応しています。

  • 1【マイクロホンの入音口】周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
  • 2【ボリュームコントロール(ボリュームコントロール付の器種のみ)】自動的に調整された音の大きさを微調整する時に使います。
  • 3【電源オン/オフ(入/切)機能】
  • 4【バッテリーカバー】電池はこの中に挿入します。
  • 5【音口】補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
  • 6【グリップ】ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
  • 7【ベント】通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
  • 8【プログラムボタン】リスニングプログラムは、このボタンで切り替えます。
  • 9【テグス】補聴器を取り出す時に使用します。(カナルタイプはオプション)
主な特長
  • ボリュームコントロールをつけることができる
  • CICよりサイズが大きいので、電池交換や操作が簡単
  • 指向性の機種を選択できる

耳かけ型

耳の後ろに掛けて使用するタイプの補聴器。パワータイプやハイパワータイプを選ぶこともできるなど、対象の聴力適応範囲が広い補聴器です。電池交換等の操作が簡単で扱いやすく、ボリュームコントロールやテレコイル等の機能が搭載されています。ケースのカラーバリエーションも豊富です。また、他のタイプに比べて、電池寿命が長いというのも大きな特長です。
軽度~高度難聴(ハイパワータイプは重度難聴)に対応しています。

  • 1【マイクロホンの入音口】周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
  • 2【ボリュームコントロール(ボリュームコントロール付の器種のみ)】自動的に調整された音の大きさを微調整する時に使います。
  • 3【電源オン/オフ(入/切)機能】
  • 4【バッテリーカバー】電池はこの中に挿入します。
  • 5【音口】補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
  • 6【グリップ】ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
  • 7【ベント】通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
  • 8【プログラムボタン】リスニングプログラムは、このボタンで切り替えます。
  • 10【フック】
  • 11【導音チューブ】
  • 12【イヤモールド】
主な特長
  • 広範囲の聴力に適応できる
  • 操作が簡単で扱いやすく、電池寿命が長い
  • ボリュームやテレコイル等の機能が搭載されている
  • オープンフィットタイプなどさまざま装用方法を選べる
  • ケースのカラーバリエーションが豊富である

ミニ耳かけ型

img_05

従来の耳かけ型よりも小さく軽量で、目立ちにくく、補聴器をつけている違和感も少ないのが特長です。ケースのカラーバリエーションも豊富で好みに合わせてケースカラーを選ぶ楽しみもあります。また、閉塞感の少ないオープンフィットタイプなどさまざまな装用方法を選択できるのも大きな特長です。
軽度~中度難聴に対応しています。

  • 1【マイクロホンの入音口】周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
  • 3【電源オン/オフ(入/切)機能】
  • 4【バッテリーカバー】電池はこの中に挿入します。
  • 5【音口】補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
  • 6【グリップ】ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
  • 8【プログラムボタン】リスニングプログラムは、このボタンで切り替えます。
  • 10【フック】
  • 11【導音チューブ】
主な特長
  • サイズが小さく目立ちにくく軽量で、装用時の違和感が少ない
  • 電池交換等操作が簡単
  • オープンフィットタイプなどさまざま装用方法を選べる
  • ケースのカラーバリエーションが豊富である

耳かけ型(RICタイプ)

レシーバー(音が出る部分)が耳の穴の中に入る、最新のタイプのもっとも小さく軽い耳かけ型。RICとはReciever In Canal(外耳道の中のレシーバー)の略です。耳の後ろに隠れてしまう位の大きさと細いチューブのおかげで、髪型によってはつけていることがほとんど目立ちません。小さく軽いだけでなく、デザインやカラーの面でもおしゃれでカラフルなものが多いのも特長です。また、閉塞感の少ないオープンフィットタイプなどさまざまな装用方法を選択できるのも大きな特長です。
軽度~中度難聴に対応しています。

  • 1【マイクロホンの入音口】周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
  • 3【電源オン/オフ(入/切)機能】
  • 4【バッテリーカバー】電池はこの中に挿入します。
  • 5【音口】補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
  • 6【グリップ】ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
  • 7【ベント】通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
主な特長
  • サイズが小さくつけていても目立たない
  • 小型軽量で、装用時の違和感がほとんどない
  • デザインやカラーがおしゃれ
  • オープンフィットタイプなどさまざま装用方法を選べる
  • マイクとレシーバーが離れているので、ハウリングが少ない

ポケット型

本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用します。本体のサイズが大きいので、操作が比較的簡単で扱いやすく、強力な増幅装置を組み込むことができることで高出力を得ることができます。構造上、マイクロホンとレシーバーが離れているので、ハウリングがおこりにくいという特長もあります。また、比較的お求めやすい価格の製品が多いのも特長です。
軽度~重度難聴に対応しています。

主な特長
  • 操作が簡単で、取り扱いしやすい
  • マイクとレシーバーが離れているので、ハウリングが少ない
  • 幅広い聴力範囲に適応することができる
  • 比較的廉価な製品が多い

ページトップへ