取り扱い補聴器

デジタル補聴器は、外からは気付かれにくい極小の耳あな形(CIC)から、ハイパワーな耳かけ形まであります。また、アナログ補聴器は、高齢者の手先の細やかな動きが苦手という方でも操作が簡単で、幅広い調整機能やハウリングが起こりにくいのも特徴です。

ページトップへ