よくあるご質問

補聴器のご購入、特に初めてのご購入には不安がいっぱいのことでしょう。
ここでは、今までいただいている、よくあるご質問をご紹介し、お客様の疑問にお答えします。

質問補聴器の寿命は何年位ですか?

平均で5年くらいです。きちんとお手入れをしながら、10年近く使っている方もたくさんいらっしゃいます。補聴器はデリケートな精密機械ですから、汗やほこりを嫌います。より良い状態で長くお使いいただくためには、定期的な点検やクリーニングが大切です。

質問補聴器は聞こえなくなったら使えないのですか?

使えないわけではありません。様々な原因がありますがほとんどの場合、聴力の低下や汚れ(耳垢の詰り)などが原因なので、再調整したりクリーニングすれば使い続けられます。また、きちんと調整してもらったのに、以前より聞こえにくくなったと感じたら、すぐに耳鼻科の専門医や購入店にご相談ください。年齢や体調によっても、聴力は変わることがあります。できれば半年に一度は、聞こえのチェックをすることをおすすめします。
※聴力変化の原因や程度によっては、同じ補聴器が使用できない場合もございます。

質問補聴器を装着すれば聞こえるようになるの?

満足な聞こえを得るには、ある程度時間がかかります。というのも補聴器を上手に使いこなすには、使って慣れることが必要だからです。
補聴器は聞こえを補助し、会話などを聞き取りやすくして、生活の質の向上に貢献する医療機器です。しかし、自ずと限界もあります。例えば、自身の生来の自然な聞こえ、或いは、聞こえに全く困らない人と同様に聞こえるというものでは決してありません。また、聞こえの状態や個人によってもその効果には差異が生じます。
このことを予めご理解いただき、お客様の聞こえのご要望にお応えしながら、出来る限り自然に近い音を取り戻すことが出来るよう努力致しております。

質問補聴器は医療費控除の申請は出来るのですか?

基本的に補聴器での医療費控除は対象外です。しかし耳鼻科で診察していただいた上で補聴器が必要だと診断された時は、補聴器を購入する時に条件つきで医療費控除がうけられる場合があります。補聴器の購入費用を医療費控除することは、医師(耳鼻科医など)の診断や治療をかならずうけていることが条件です。しかもこの医療費控除をうける上で、あくまで補聴器の購入をする理由を医師の診断書で書いてもらって下さい。提出する時には「補聴器を購入したときの領収書」と「医師の診断書」が必要になります。また必ず医療費控除が対象になるのかは地域や役所担当者によって異なることがありますので、よく役所の担当者に話を聞いてからにした方が良いと思います。医師の診断書をお願いするのにも診察料はかかりますので注意して下さい。

質問補聴器は保険きくの?また、何か補助があるの?

保険はききませんが、自治体から補助が出ます。総合支援法といって、身体障害者障害程度等級のいずれかに該当した場合、各市区町村の福祉課へ申請手続きすることで、補装具の費用が支給される制度があります。
また、総合支援法に基づく支援から外れている、軽度・中等度の聴覚障害者のうち18歳未満の子供たちに対し、補聴器の購入費用を助成する制度もH24年度より各市区町村で新設しています。
※補助の範囲や金額などは自治体によって違いますので、お住まいの市区町村の福祉課へご相談ください。

質問補聴器は消費税かかるの?

補聴器は薬事法で定められた医療器具のため、消費税のかからない非課税対象商品です。ただし、乾燥ケースや電池などのアクセサリーは課税対象となりますのでご注意ください。

質問聞こえにくいと感じたら、どこに相談すればいいの?

聞こえに不都合を感じたら、まずは耳鼻咽喉科の医師にご相談ください。耳が聞こえにくくなる要因の中には、治療によって治るケースもあります。耳鼻咽喉科を受診して補聴器の奨めがあれば、当店までお気軽にご相談ください。

ページトップへ